【高校野球】甲子園でのタオル回しは辞めるべき?高校野球のフェス化に違和感、多くのネット民も賛同

高校野球

 「今年もか」と残念に思った。なくなって欲しいと心から願った。夏の甲子園大会。両校の攻防がピークを迎えた時に観客が行う「タオル回し」である。あれ、やめませんか。

 8月19日の3回戦、仙台育英対大阪桐蔭でも起きた。0―1と仙台育英が1点ビハインドで迎えた9回裏2死満塁。直前の2死一、二塁では遊ゴロでゲームセットと思われたが、大阪桐蔭の一塁手がベースを踏み損ない、チャンスが拡大していた。勝負所なのは分かるし、興奮するのも分かる。それでも観衆がタオルを回し、守備側のチームにプレッシャーをかけることには、強烈な違和感を覚える。

 去年の夏もそうだった。甲子園の2回戦、東邦対八戸学院光星だ。東邦が9回裏、4点差を追いつき、なおも2死二塁でサヨナラ打を放ち、最大7点差をひっくり返すミラクル劇を成し遂げた。あの時、ネット裏に座ったドリームシートの子供たちから外野席まで、応援歌に合わせて球場全体がタオルを振り回し、東邦ナインを後押しした。

 あらかじめ記すが、先日の仙台育英ナインやこの時の東邦ナインの最後まで諦めない心は、すごいと思う。立派なもので、称賛に値する。それとは全く別に、観衆が勝敗の行方に土足で介入しようとすることには、やはり反対だ。

 昨夏の八戸学院光星の投手は試合後、“完全アウェー”の雰囲気に「全体が敵なのかなと思いました」と言った。本音だろう。夢舞台に憧れ、頑張ってそのマウンドに立てた球児に、そう思わせる甲子園大会であって欲しくない。

引用元:甲子園大会から「タオル回し」がなくなればいいのに : スポーツ報知

1: 名無しさん
周りはともかくバックネット裏はダメだと思うわ。 投手や守備が気を散らしそうで可愛そうだと思う。 バックネット裏での応援は禁止にしてほしい。

2: 名無しさん
プロじゃない以上、見世物じゃないんだけど…日本において高校野球は事実上、見世物になってしまっている。 大学野球や社会人野球でもフィーバーが起こることはあるが、 高校野球のそれには及ばない。
観るほうも熱くなるのはわからんでもないが、あくまでアマであることを忘れてはいけない。彼らはカネを受け取ってプレーしてるわけじゃないんだし。
騒ぎたいなら、プロを観ること。

3: 名無しさん
言いたいこと全部言ってくれた。 現地で仙台育英vs桐蔭見たけど本当に見ていて辛かった。 次の日の明豊対天理、広陵対仙台育英も最後逆サイドの内野までタオル回して…
一塁側にいたけど隣の人も今まで応援してたわけじゃないのに急にタオル回し始めてビックリした。 たくさん努力して出場した甲子園が嫌な思いでの場所には絶対にならないで欲しい。

4: 名無しさん
そう考えると甲子園の魔物って観客なんじゃないかと思う。 タオル回さないにしてもこっちのチーム応援しよう、という雰囲気がそうさせる力があると思う。

5: 名無しさん
観客もどっちかの応援することはしょうがないし、規制するものでもない。 観客を味方につけるのも一つの勝つ手段だし。
ただ、バックネット裏のタオル回しだけはどうにかならんかな、と思う。

6: 名無しさん
これは完全にメディアの仕掛け。 東邦の大逆転劇がよくアメトークなどで放送されるのも、タオル回しをすることで「甲子園は観客の一体型の参加イベント」だと、アピールするためのメディア戦略。

私は何度も甲子園で観戦しているが、そのような場面に遭遇し不快感を感じる。

本来甲子園は高校球児の夢の舞台。甲子園が単なるメディアや観客の私物になってはいけない。観客は面白いゲームになることを期待するのはわかるが、主役である球児にリスペクトをすべく「行き過ぎた煽りのようなタオル回しや応援」は控え、高校球児の真剣勝負を楽しみべきではないでしょうか?

7: 名無しさん
大阪桐蔭の守備陣は9回裏2アウト満塁の時、関西なのにアウェイ的な物凄いプレッシャーを感じただろうな。
無論、仙台育英の諦めない心強さは称賛に値するが、観客席でこうした行為が起きていると知ると、応援を含めた高校生達が、なんか可哀想に感じる。

8: 名無しさん
大逆転勝ちを期待する観客の気持ちもわかるが、タオル回しは目に入り気になるので禁止してほしい。アルプス席はOKだが。何か異常な雰囲気になることにより9回にドラマが起きている気がする。メンタル的なところが大きい。

9: 名無しさん
別にタオルまわしだけが相手チームにプレッシャーを与えるわけじゃない。甲子園は特に独特の雰囲気で特定のチームを応援し、相手にプレッシャーを与えることがある。数年前の広陵対佐賀北の決勝戦は球場全体が佐賀北の応援化してて、審判までがそれにのった判定をしてしまった。

10: 名無しさん
甲子園に観に来る観客はただドラマを見たいだけで、”どこ”が勝とうと関係ない。 だから負けてる方が奇跡の逆転劇をしそうになると、ああなる。 追い詰められてる側のチームからすれば、なぜ俺らが目の敵にされるのか、何かしたのかと絶対思う。 そんな球児側の心境を考えて行動しているのかとバカみたいな応援をする観客には問いたい。

確かに応援されるチームからすれば力になるかもしれん。 でも、奇跡の逆転で次の試合に進んでも、次の試合で立場が逆のことが起これば、観客は今度は敵になる。 観客は”どこ”が勝とうが関係ないから。 (両校関係者が応援する)内野アルプス席以外は全て、鳴り物、タオル、声出しも応援禁止にすべきだと思う。

11: 名無しさん
純粋に野球を楽しむなら、鳴り物の応援とかもやめて、試合の推移を見守る、拍手だけにする、という対応が必要では。

でもそうすると、応援団やら吹奏楽部やら、学校をあげての応援やらそういうのがなくなるっていう批判がきそう。また、アルプスからの中継や応援する人のことも美談にしようとするマスコミのネタもなくなるから、難しいんだろうな。

アルプスが自校を応援するのは当たり前だし、観客も自分の好きなチームを応援するのは規制できないけど、雰囲気で負けてるチームが勝ったらいいってかんじでタオル回すのはどうなのかなぁ。

勝っている方が勝っちゃいけないような気になるそういった行為は規制してもいいと思う。

12: 名無しさん
40年ぐらい甲子園をTVや現地で見るが、昔は大会中に1回か2回バックネット裏までアルプスの応援に合わせて手拍子が広がる事があった。地域格差が昔は大きくて、野球留学もなく伝統校は強く弱小県は勝てなかった。返還前の沖縄は甲子園全体が声援した。負け続けてたからだ。

遠い県は交通事情も悪く応援団も少なかった。強いチームに善戦して終盤に得点チャンスをつかんだ時、内野まで手拍子が広がった。あくまで判官贔屓の空気だった。最近は違う。回数増えたし記事にもある光星と東邦のゲーム、光星アルプス席以外は東邦一色になっている。ネットの映像たくさんあるが、東邦の方が優勝経験もある戦前からの伝統校で都会の学校なのに。イベント化フェス化、ノリで、という風潮。逆転すりゃ面白いから加勢してやろう、が加速してるのは間違いない。いい景色だとは思えない。主催者はタオル回しだけじゃなく、風向きの変化を読み取ってほしい。

13: 名無しさん
難しい問題だね。これからの高校野球(甲子園)はどうあるべきか?真剣に考える時期に来ていると思う。賛否両論あるかも知れないが、いろんな人の意見を取り入れて高野連がルールを決めるしかない。もちろん、タオル回しに限らず、飲酒や野次など、応援マナー全般について。但し、それ以前に選手自身のマナーや感動を与える全力プレーが一番大事なのは言うまでもない。

14: 名無しさん
甲子園の商業化は以前から指摘されてることだが、最早どうにもできないだろう。
少子化の影響はスポーツ界も例外なく、興業側はスポンサーを得るため、またプレイヤーである球児たちを社員として「採用する」ため、スポンサーは野球というスポーツと選手をあらゆる手段で利用して儲けるため、甲子園というブランドを作っている。主人公であるはずの子供たちではなく、それ以外の大人が巣くってる場所に、甲子園がなっているということ。スポーツには金がかかるから仕方ない、それは確かに現代スポーツの一面ではあるけれど、スポーツの全てではない。この記者の主張には賛同できる。

15: 名無しさん
ブーイング以外の要因として記事の言う「フェス化」に苦言を呈すなら、ブラバンの演奏する曲もタオル回しに影響していると思う。前年音楽シーンを騒がせた曲ほどブラバンアレンジや吹奏楽アレンジとしてスコアが販売される。当然どの学校も取り入れ演奏する。原曲でタオルが回っている曲はそれ込みな部分もあるので「曲は演奏するけどタオルは回さないでね」なんて自粛発言がどこかの学校から出ようもんなら今の時代すぐに炎上する。結局は観客の自己判断だけど一部エリア禁止それでもダメなら全面禁止にするしかないと思う。最終的には自分達の首を絞めているのに。。。

16: 名無しさん
観客の行動をコントロールすることは不可能。個人的には白熱した展開で観客が興奮して全体でタオル回しすることはエンターテイメントの一つとして批判はしないが、こーゆー事こそ大人の集まりである大会運営者がベンチによって守備も攻撃も双方応援して良いとかルールを決めればよい。けど現実的には守備側に大声で集団で声援をするのは雰囲気的に難しいわな。

17: 名無しさん
ピッチングや競技そのものの正常な進行を阻害する行為は慎むべきと思うが、『完全アウェーで恐怖を与える』などと言うのは少し飛躍しすぎであると思う。なぜなら、アルプススタンドにはどんな時も自分達を必死で応援してくれる母校の仲間やOBやおそらく近畿圏で働いている同郷の人達がいるからである。決して自分達だけではない大きな力に支えられてそこで戦っているからである。また、高校野球に限って言えば、『正々堂々』『高校生らしく』などの言葉に代表されるように勝敗よりもその過程が大事であるかのような事を言われる方もたくさんおられるのが現実ですが、全くの的外れだと思います。各高は勝つために選手集めから始まって、選手は厳しい練習に耐えて甲子園で戦うのです。全ては勝つためです。昨年の八戸学院と東邦の試合を引合いとされてましたが、あえて言うなら、『完全アウェーかなって思った』それで萎縮したから逆転負けしたんです。

18: 名無しさん
高校野球には他にもっと改善すべき点が一杯ある。 県の代表なのに越境入学者ばかりの学校。勉強を蔑ろにし文武両道を否定する学校。選手(生徒)の体調を無視して起用し続ける監督のいる学校。 高校野球の応援にモラルを求めるなら学校教育の一環として不適切な学校側の姿勢をまず改めるべき。